フッ素塗料 ファイン4Fセラミック

フッ素塗料 ファイン4Fセラミックの紹介

外壁の美しさずっとキープ。優れた耐久性!

サイディングボードやモルタル壁、鉄部の塗り替えなど、外壁のさまざまな部位に適用できるオールマイティな塗料。汚れや紫外線をカットして、住まいの外観美を長期間保ちます。
性能■ ○耐候性 ○低汚染性 ○防藻・防かび性 ○透湿性 ○弾性
適応素材■ ○モルタル ○窯業系サイディング ○金属サイディング ○ALC ○各種旧塗膜
カラー■ 各色
つや■ つや有り/7分つや有り/5分つや有り/3分つや有り

屋根を美しく守る!クールな遮熱タイプも用意。

スレート屋根用塗料の決定版。強力な塗膜で屋根を紫外線などから守り、耐久性が特徴。屋根の表面温度の上昇を最大約15℃制御する、遮熱タイプもあります。

性能■ ○耐候性 ○低汚染性 ○防藻・防かび性 ○美粧性 ○遮熱性(クールタイプのみ)
適応素材■ ○住宅用化粧スレート屋根
カラー■ ノーマルタイプ標準色24色 / クールタイプ標準色48色
つや■ つや有り

『4フッ化フッ素』の力で、屋根や外壁の美しさをそのままキープ!

「4フッ化フッ素」が、これまでに類を見ない超高耐候性と超高汚染性を発揮し手間をかけずに、長期間、美しい外観を保ちます。

4つのフッ素『4F』が、紫外線に弱いという欠点を一掃。

非粘着性(くっつきにくい)という性質を利用して、フライパンなどに加工して使われている「フッ素樹脂」。その他、低摩擦性を活かして自動車のブレーキパッドやベアリングパッドに使われたり、耐候性や難燃性を活かして外装材や電線の被覆などに活用されたりもしています。

しかし、従来のフッ素樹脂には紫外線に弱いという欠点がありました。新開発のファイン4Fセラミックは、この欠点を克服。4つのフッ素が強力に結合することにより、紫外線をパワフルに弾きとばします。

藻・かびによる嫌な汚れも、雨で洗い流してしまおうという発想。

従来のセラミック塗料は水を弾きやすく、汚れがつきやすいのが難点でした。
しかし、新開発のファイン4Fセラミックでは、成分内のセラミック同士を結合させることにより、水に大変なじみやすい性質(超親水性)にすることに成功。雨が降ると水膜で塗装面がコーティングされ、汚れを洗い流してくれるので、住まいの外観を美しい状態のまま保つことができます。

強烈な紫外線や風雨をしっかり弾いて、塗りたての美しさを持続。

4F神話シリーズは、4つのフッ素を結合させるという独自の技術で、強烈な紫外線の透過を抑制。塗膜に強い紫外線を照射する促進耐候性試験を行った結果、4F神話シリーズは従来の「ウレタン樹脂塗料」や「一般フッ素樹脂塗料」と比べても非常に高い耐久性を記録しました。

住宅内部から湿気を放出して、建物のコンディションを最適に。

透湿性とは、住宅内部の湿気を外に排出する性質のこと。4F神話シリーズは透湿性に優れ、外からの雨水を通しにくく内部からの余分な湿気を放出する理想的な塗料です。この機能が壁面内に発生するかびの繁殖や木部の腐食、雨水による壁面の膨れ、冬場の結露などを長期間抑制し、建物と室内環境を最適に保ちます。

キレイが長持ちするから、塗り替え回数が少なく、グンと経済的。

劣化しにくく、美しさが持続する4F神話シリーズは、メンテナンスの回数が従来の塗料の約半分でOK。家計に優しいだけでなく、資産価値の低下を防ぎ、さらには環境対策にもつながります。

一般的な建物(住宅)の寿命を40年とした場合。

上記の塗り替え周期はあくまで概算であり、建物(住宅)の立地や形状、素材の性質によって異なります。

東京・大阪などの、日本の一般的気候条件をベースに割り出しています。北海道・東北・北陸・山間部などの気候条件が厳しい地域や、沖縄などの紫外線強度の高い地域などでは、周期が短くなります。

外壁塗装の場合。

「塗り替え推奨時期」は、左記の外壁劣化進行図をもとに算出しています。

フッ素塗料・ファイン4Fの施工事例

千葉県柏市S様邸 外壁塗装・ベランダシート防水貼り替え施工事例

当社のホームページを見てお問い合わせを頂きました。既存外壁のダインコンクリートパネル目地のシーリングは経年劣化によるひび割れなどが見られ、シーリング材の可塑剤が移行し目地の汚れが目立ちました。外壁目地シーリングは全て撤去し、打ち替えを行い耐久性の高いフッ素樹脂塗料で塗装しました。
某ハウスメーカーさんの建物で、構造はしっかりとしている為、外壁や軒天・雨樋などの色あせは見られましたが、ひび割れや欠損などはありませんでした。バルコニーのシート防水は、亀裂などは見られませんでしたが経年劣化による角部分での浮きなどが見られ、今回の外壁塗装と合せてシート防水の貼り替えも施工することとなりました。

我孫子市I様邸 屋根塗装(遮熱塗料・サーモアイ4F)施工事例

当社のホームページを見てお問い合わせを頂きました。屋根は経年劣化により白っぽく退色し、棟板金の錆や北面を中心にコケの発生が見られました。屋根には最高級塗料に位置する、フッ素樹脂塗料で尚且つ遮熱性能を持たせた、日本ペイント・サーモアイ4Fで塗装しました。
外壁はレンガだった為、塗装は行う必要はありませんでしたが、窓まわりや軒天取合い部分などのシーリング劣化による剥がれやひび割れが目立ちました。コケが目立っていた外壁レンガは屋根施工時に合わせて高圧洗浄でしっかりキレイにし、シーリングの打ち替えを行いました。

我孫子市H様邸 屋根外壁塗装(ナノコンポジットW)施工事例

当社のホームページを見てお問い合わせを頂きました。築12年程経過しており、モルタルの外壁は細かいひび割れや既存塗膜のチョーキングも見られました。また、化粧胴差が経年劣化により色あせも見られました。外壁には、雨で汚れが洗い流される、セルフクリーニング機能付きの塗料、水谷ペイント・ナノコンポジットWで塗装しました。
さらに屋根には最高級塗料に位置する、フッ素樹脂塗料で尚且つ遮熱性能を持たせた、日本ペイント・サーモアイ4Fで塗装しました。

柏市Y様邸 屋根外壁塗装施工事例(ナノコンポジットW)

築16年程経過しており、屋根は経年劣化による退色やコケの発生が目立ちました。また、モルタルの外壁は細かいひび割れが多数見られ、既存塗膜のチョーキングも見られました。
外壁には、雨で汚れが洗い流される、セルフクリーニング機能付きの塗料、水谷ペイント・ナノコンポジットWで塗装しました。外壁はサンドベージュ系の色に仕上げ、雨樋や化粧胴差などは、白系の色で統一しスッキリとした印象の家になりました。

千葉県柏市I様邸 外壁塗装施工事例

外壁には耐久性の高い、フッ素塗料『日本ペイント・ファイン4Fセラミック』を使用しました。外壁のジョイントシーリングも全て打ち替えを行いました。 今までよりも全体的に明るく、印象になる様仕上げました。また、門塀も外壁とのバランスを考えました。
施工後、お客様に大変喜んで頂き、美味しいご飯をご馳走して頂きました。