屋根のリフォーム事例一覧

  • 雨漏りが酷かった塩ビシートを貼り替え、今後は安心な住まいとなりました。
    • 柏市M様様邸屋根のリフォーム

    • 屋上やバルコニー屋根部分より雨漏りしてしまい、コンフォルトのホームページを見てお問い合わせを頂きました。 屋上に上り雨漏りの調査を行いましたが、築30年を経過したシート防水が経年劣化により柔軟性が失われ、庇金物端部と床面の取り合いで突っ張るように切れ ておりそこから雨が侵入していました。 既存の屋上やバルコニーの塩ビシート防水は庇金物の端部で剥がれや亀裂・ジョイント部分の剥がれなどが目立ち、あちらこちらで雨漏りしているような状態で した。元々屋上に設置してあったベンチレーションブロックは撤去し、庇金物端部でシート防水の浮きが目立った部分は、剥がしてから下地処理を行い新しい塩 ビシート防水を貼りました

  • 今後のメンテンナス費用を考え、コロニアルから塗替え不要の石粒付金属屋根に。
    • 我孫子市K様邸屋根のリフォーム

    • コンフォルトのホームページを見てお問い合わせを頂きました。築年数は10年程度とまだ浅かったのですが、外壁サイディング目地のシーリングが経年劣化によりひび割れしている箇所が多数見受けられました。 サイディング本体自体は若干の色あせや反りは出ていましたが、まだ十分にクリヤー塗装が出来るような状態でした。そこで外壁サイディング目地のシーリングを壁の色に合わせて全て打ち替えを行い、その後に高意匠系サイディング保護クリヤー塗装で施工致しました。

  • 軽量の石粒付ガルバリウム鋼板屋根のディプロⅡで雨漏りの心配がなく安心です。
    • 茨城県守谷市S様邸屋根のリフォーム

    • 台風の強風で屋根の棟板金が飛散してしまったので見てほしいと、当社コンフォルトのホームページからお問い合わせを頂きました。 まず、調査に伺い屋根に上がってみると隅棟1箇所の全ての棟板金が飛散していました。棟板金の下地木材が長年の雨などの侵入によって腐食して、既存の木材は使用出来ない状態だった為、後日新しい木材を持参し棟板金の応急処置を行いました。 築年数も25年を経過しコロニアルや防水ルーフィングの耐久年数を考え、既存屋根の上から被せるカバー工法での施工をお薦め致しました。 提案した屋根材は錆に強く耐久性の高い、ジンカリウム鋼板の表面に天然石を吹き付けした『ディーズルーフィング・ディプロマットⅡ』で、今後塗り替えなどのメンテナンスが必要なくとても経済的な屋根材です。

    • 柏市 S様邸屋根のリフォーム

    • コンフォルトのホームページを見てお問い合わせを頂きました。20年以上経過した屋根のスレートは完全に色が抜け白っぽくなっており、ひび割れも目立ちま した。一般的なスレート屋根材の耐久年数は、20~25年程度と言われています。また、このくらいの時期になってくると屋根材下地の防水ルーフィングの亀裂などの症状も起こりますので、葺き替えもしくはカバー工法でのメンテナンスが必要となってきます。今回は超軽量のディーズルーフィング・ディプロⅡを既存の屋根材を剥がさずに上から被せるカバー工法でリフォームすることになりました。

    • 千葉県松戸市 W様邸屋根のリフォーム

    • 当社のホームページを見てお問い合わせを頂きました。20年以上経過した屋根のスレートは完全に色が抜け白っぽくなっており、ひび割れも目立ちました。今回は超軽量のディーズルーフィング・ディプロⅡをカバー工法にて重ねて葺くこことなりました。ディプロⅡは基材にジンカリウム鋼板を使用し、表面には天然石を吹き付けコーティングしている為、塗り替えなどの必要もなくメンテナンスフリーの屋根になります。

    • 柏市 M様邸屋根のリフォーム

    • 強風時に金属屋根材が捲れ上がり雨漏りしそうだと、当社のホームページを見てお問い合わせを頂きました。屋根に上がり調査をしてみると金属瓦棒屋根を固定している、桟木が取れてしまい屋根材が捲れ上がり、さらに防水のルーフィングまでもが風で飛んでしまっていました。とりあえず応急処置で一時的に雨を防ぐことは出来ましたが、早急に抜本的葺き替えのメンテナンスが必要な状態でした。新しい屋根材は今までの瓦棒屋根材よりも防水性能に優れたガルバリウム鋼板屋根材の立平ロックを採用し雨漏りに強い屋根に生まれ変わりました。

    • 千葉県柏市 T様邸屋根のリフォーム

    • 当社のホームページを見てお問い合わせを頂きました。既存の外壁パネルは経年劣化による、色あせやチョーキングと地震の影響と思われるひび割れが目立ちました。また、シャッターボックスや出窓屋根などの鉄部、破風板や軒天の木部が経年劣化による色あせが目立ち、防水性能が失われている状態でした。外壁には耐久性が高くコストパフォーマンスに優れ、シリコン樹脂塗料よりも耐久性の高い『日本ペイント・パーフェクトトップ』で塗装しました。 30年近く経過した屋根のスレートは完全に色が抜け白っぽくなっており、ひび割れやコケが目立ちました。また、天井裏を点検するとスレート屋根材を固定している釘穴から雨が侵入した染みが多数見られ、増築部分の取合いからも雨漏りしているような状態でした。一般的なスレート屋根材の耐久年数は、20~25年程度と言われています。また、このくらいの時期になってくると屋根材下地の防水ルーフィングの亀裂などの症状も起こりますので、葺き替えもしくはカバー工法でのメンテナンスが必要となってきます。

    • 千葉県柏市 T様邸屋根のリフォーム

    • 2011年の関東に上陸した台風時に屋根の棟板金が飛散してしまった際にコンフォルトに修理のご依頼を頂きました。その後リフォームのタイミングとなり、再度コンフォルトにご依頼を頂きました。 外壁サイディングは経年劣化による色あせやチョーキングが 目立つような状態でした。さらに既存塗膜が剥がれているところも見られ、防水性能が完全落ちている状態でした。劣化によるひび割れや亀裂が目立った、サイディング目地のシーリングは全て打ち替えを行い、シリコン樹脂塗料で塗装しました。

    • 埼玉県三郷市D社様邸屋根のリフォーム

    • 夏場の倉庫の室内が暑く何か対策をしたいとインターネットで調べているうちにコンフォルトのホームページをご覧になり、お問い合わせを頂きました。 屋根の調査をしたところボルトの錆は見られましたが、折半屋根本体には錆もなくとても良好な状態でした。 折半屋根は下塗りに錆止め塗装を行った後に断熱遮熱塗料のガイナで塗装しました。使用した色は、遮熱効果が最も高いN-95番というホワイト色です。既存の建物は断熱材などが入っていないため、このガイナの効果がより効果が発揮しやすく、夏場や冬場の室内環境も改善され空調の光熱費の削減に繋がります

    • 茨城県守谷市 O様邸屋根のリフォーム

    • 屋上陸屋根部分より雨漏りしてしまい、当社のホームページを見てお問い合わせを頂きました。 屋上に上り雨漏りの調査を行いましたが、築20年を経過したシート防水が経年劣化により柔軟性が失われ、縮んだシートがパラペット部分(パラペットとは屋上などの端部に設けられた低い壁)と床面で突っ張るように捲れ上がり、そこから雨が侵入していました。 剥がれているところはビニールシートや防水テープで応急処置を行いましたが、陸屋根は屋根が平らなため早急に抜本的なメンテナンスが必要な状態でした。

1  2  3
  • ひとつひとつのことを大切にこれがコンフォルトのスタートからの想いです。
  • コンフォルトの外壁塗装パック
  • コンフォルトの屋根塗装パック
  • コンフォルトの屋根カバーリフォームパック
  • コンフォルトの防水リフォームパック
  • コンフォルトの無料外壁屋根診断
  • 外壁塗装・屋根塗装の必要性
  • コンフォルトの総合リフォームサイトのリンクはこちら
  • コンフォルトへのお問い合わせはこちら
  • コンフォルトへのお問い合わせはこちら
  • コンフォルト佐々木のブログはこちら
  • コンフォルトの屋根リフォームサイトはこちら
  •     
  • 完成後をイメージする住まいの試着しませんか
  • みんなが気になる外壁塗装の疑問が解決
  • 超分かりやすい塗料講座
  • TV放送された話題の断熱遮熱塗料ガイナ
  • 屋根リフォーム人気NO.1の30年保証の屋根材超軽量金属瓦Tルーフ
  • オススメ遮熱塗料の太陽熱高反射塗料アドグリーンコートEX
  • 暑い季節の味方オススメ節電リフォーム
  • コンフォルトが選ばれている理由
  • 耐震節電屋根リフォーム 錆に強く丈夫なガルバリウム鋼板屋根材の横暖ルーフ
  • 夏の節電対策に屋根の遮熱塗装
  • 日本住宅保証検査機構
  • 住設あんしんサポート
  • おすすめリフォーム

    • はじめにおよみください コンフォルト 皆さまから選ばれる理由
  • ホームページだけのお得情報
    •  ホームページだけのお得情報
    •  ホームページだけのお得情報
    •  ホームページだけのお得情報
    •  ホームページだけのお得情報
    •  ホームページだけのお得情報
    •  ホームページだけのお得情報
    •  ホームページだけのお得情報
    •  ホームページだけのお得情報